読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

studies

いろいろ勉強用備忘録的な感じ

ワンライナーでちょっと複雑なソート

bash

早く目が覚めてしまった。
これは午後眠くなるぞー。

さて、excelperlでいろいろやってきたこの問題。

studies.hatenablog.com

最後の仕上げ?として、perlを使わず、ワンライナーでやってみる。
(もしかしたらまだ続くかも)。

awk '{p[$2] || (p[$2]=NR); print p[$2], $0;}' city.txt | sort -snk1 | sed -E 's/^\S+\s+//'

まず、awk連想配列を使って、優先度を頭につける。
そのあとsortでソート。
sオプションは、安定ソートにするオプション
(デフォルトはおそらくクイックソートで不安定)。
nオプションは、数値としてソートするオプション
(デフォルトは文字列としてソート)。
kオプションは、特定のフィールドをキーにするオプションで、ここでは第1フィールド、つまり、awkで設定した優先度を指定している。
最後にsedで優先度を削除する。
Eオプションは拡張正規表現を使うオプションで、ここでは1回以上の繰り返しを表す量指定子を\+ではなく単に+と書くために指定している。

個人的には、sortコマンドに、こんなにいろいろなオプションがつけられるというのが発見。
perlの宇宙船演算子<=>を使ったソートルールの指定も感心したけれど、sortコマンドでもこんなにいろいろできたとは。