読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

studies

いろいろ勉強用備忘録的な感じ

pythonで順序を保つグルーピング

python

恒例の?問題をpythonでやってみる。
使うアルゴリズムは、perlで最後にやったのと同じ(いちおうバケットソートといえるだろうか?)
studies.hatenablog.com

pythonのcollectionモジュールにあるOrderedDict(順序付き辞書)を使うと楽に書ける。
OrderedDictについての説明は以下にある。
8.3. collections — コンテナデータ型 — Python 3.5.2 ドキュメント

通常の dict メソッドをサポートする、辞書のサブクラスのインスタンスを返します。 OrderedDict は、キーが最初に追加された順序を記憶します。新しい項目が既存の項目を上書きしても、元の挿入位置は変わらないままです。項目を削除して再挿入するとそれが最後に移動します。

さて、書いたコードは以下の通り。

#! /usr/bin/python3
import fileinput
from collections import OrderedDict

pref_to_cities = OrderedDict()

for city in fileinput.input():
    pref = city.split()[1]
    if pref not in pref_to_cities.keys():
        pref_to_cities[pref] = list()
    pref_to_cities[pref].append(city)

for cities in pref_to_cities.values():
    print("".join(cities), end="")


以前perlで書いたコードと比べると、ダイヤモンド演算子や組み込みの変数が少ないのと、インデント強制のため、少し長いコードになっている。
しかし、以前は順序を覚えておくためだけに無駄な配列を作っていたのに比べれば、問題に最適なデータ構造を選択できていて、よい。